衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2016年9月1日 外野席「選挙が終わらない」中村延子

 7月10日、夜8時の時報とともにNHKが当確速報。
相変わらずの強さで、蓮舫さんは1,123,145票を獲得し、ダントツのトップ当選。18日間、ほとんど東京にいない候補者の不在を支えてくれたたくさんの学生ボランティアとともに最高の笑顔で万歳をしました。全国でも最高得票数で3期目の当選はさすがでした。
参院選が終わり、3日間だけをあけて7月14日からは東京都知事選挙がスタート。31日に行われた選挙の投票結果、小池百合子氏が当選し、初めての女性都知事の誕生となりました。
 7月30日には、岡田克也代表が辞任の意向を発表。それを受けた形で8月5日に蓮舫さんが民進党代表選への出馬を正式に表明。代表選挙の日程も9月2日告示、15日投開票と決定しました。8月末には前原誠司元国交大臣が出馬を表明され、国会議員だけにとどまらず、全国の衆議院候補予定者や地方議員、党員・サポーターも投票をする選挙になることが確定しました。
はい、選挙が終わりません…。
イギリスでは7月にテリーザ・メイ首相が誕生。アメリカでも、11月の大統領選挙でヒラリー・クリントン氏が初の女性大統領になることも濃厚と言われています。この他にも、ドイツのメルケル首相やミャンマーのアウンサンスーチー国家最高顧問、台湾の蔡英文総統、ポーランドやノルウェー、バングラデシュでも女性リーダーが次々と誕生しています。
今年の4月には女性の活躍推進法が施行されるなど、わが国でも動きがあります。一方で現状は、国会議員の女性比率は11.6%。世界でのランキングは189ヵか国中147位。全国の地方議会を見てみても、30%もの議会で女性議員が一人もいない状況が続いています。
 日本の子育てや教育予算はOECD加盟国の中では最低レベル。これは女性議員が少ないことも原因のひとつだとも言われています。
多くの世界で活躍する女性リーダーがそうであるように、「女性だから」トップになれるのではなく、能力があれば「女性でも」トップになれる。そんな社会に変革をとげる第一歩がこの代表選だと思います。私も一地方議員として、全国の仲間を巻き込み、精一杯「蓮舫代表」誕生に尽くしたいと思います。
 これが今年最後の「選挙」だと信じて…。

内野席・外野席

内野席・外野席

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.