衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2015年6月8日 外野席「大いなる野望」中村公太朗

 世界にも類を見ない候補者がひしめく世田谷区議会議員選挙…ではありますが、3期目の挑戦ともなればそこそこの自信と欲が出てきてしまうのは人の性というもの。
目線は高く!と自分に言い聞かせながら、ましてや10名を超える学生スタッフとのこれまでにない活動量を背景に、今回は10位以内を目指すという目標を調子に乗って打ち建てちゃいました。
 その野望が、応援演説をする手塚さんの口から勝手に
「5位以内!」
 という「無謀」に変わり、実現が風前の灯となっても、最終日を終えるまでの遥かなゴールとしてチーム・コータローの頭上でおいでおいでをしていたのです。
さて、選挙戦が終わり夢から覚める時がやってまいりました、いい夢ほど現実とのギャップがあるのは皆さん知っての通り。ありがたいことに4000票を超えるご負託を頂き、3期目の当選を果たすことが出来ました。
 今回もご期待下さった多くの方、ずっと支えてくれた学生スタッフに心からの感謝でいっぱいです。何回やってもきっとこれ以上の選挙戦は展開出来なかったと思っています。本音です…。
 が、しかし、順位は野望にも無謀にも全く届かない30位。ガッシャンガッシャン音を立てて崩れて行く自信という名の過信を恥じながら、この瞬間に確信しました、これが世田谷区民の良識なんだって(笑)。
 とまぁ冗談はこのくらいにしておきまして、とにもかくにも3回目の選挙も無事に乗り越えました。
 区長選では、保坂区長も圧勝で再選をされ、いよいよ本格的な改革に着手をしようとしています。
 一方で、議会では自民党の首領と言っていい宍戸議員が当選直後にご逝去されたり、全議員協議会に傍聴を求める区民が100人以上押し寄せたりと、波乱含みのスタートになりました。
 今回惜しくも議席に届かなかった仲間、志半ばで先立っていった仲間の想いを胸に、また4年間の世田谷区政の発展に全身全霊で尽力して参りますので、どうぞ引き続きご指導とご鞭撻を賜りますようにお願いいたします。
 あぁ、でも、次回は、トップ当選…、目指しちゃおうかな。坊主じゃすまないかな。

内野席・外野席

内野席・外野席

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.