衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2013年4月10日 内野席「メモリアル20」中村公太朗

 時は2003年7月7日、織姫と彦星が1年に1度の逢瀬を楽しむ晩に「政治活動10周年~手塚よしお君のさらなる活躍を期待する会」は開催されました。
 前年に学生秘書から学生の肩書きが取れた僕は、事務所の大黒柱だった伊藤先輩がこの年の4月に区議になったことで議会活動に忙殺されてしまい、右も左も分からないままに大部分の作業を任されて、とにもかくにも大変だったなぁという記憶が今も残っています。
 あれから10年。2005郵政選挙、2009政権交代、そして2012民主惨敗と、日本政治史上でも特に激動の10年を経て、総理補佐官として「さらなる活躍」も達成し、手塚の政治活動も20周年を迎えました。
 そのような節目のタイミングに国会に議席がないのは残念至極ではありますが、これまでお支え頂いている方々への感謝と再起への決意を込めて「手塚よしお君の再起を期す会」が開催される運びとなりました。
 秘書時代には「毎年パーティーをやればお金が集まっていいんじゃないの?」といった声を頂くこともありましたが、毎年のようにパーティー券を売り歩いて多額のご負担をかけるような(見返りを期待する人が買うような)古い体質の政治活動はしたくないとの手塚の想いで、区切りの年だけ開催する事務所文化になっており、大変レアなイベントと化しております。
 そりゃ、「今回もよろしくお願いしま~す」なんて重鎮秘書が電話1本かけて2万円や3万円もする券が飛ぶように売れる他党の状況は、楽だし政治資金も集まっていいなぁと思うこともなくはないのですが、それらのほとんどがギブ&テイクのしがらみで裏打ちされた政治の悪い部分なんですから、総理秘書官という甘言も多かっただろう立場を経てもなお、そういった関係を作らなかった手塚の信念こそが日本の政治に必要不可欠なんではないでしょうか。
 まぁその分、今いる秘書は誰もパーティー券をお願いするといった経験が皆無な中で、苦労しているようでありますが(笑)。
 でも、この手作り感こそが手塚事務所の誇りなんだと確信しています。
 さて、そんな政治活動20周年「手塚よしお君の再起を期す会」は4月18日(木)19:00から目黒雅叙園で開催致します。(受付開始は18:30から)
 野田佳彦前総理大臣も必ず駆けつける!と約束頂いておりますので、とても熱気溢れる会になると思いますので、是非皆様ご参加くださいますようにお願いいたします。
 お問合せは手塚事務所(03-3461-4440)まで。
 また、もし手塚事務所の秘書が皆様のところにお願いにあがることがありましたら、慣れないことですのでどうぞ寛大な心で優しいご対応を頂けましたら幸甚です(笑)
 それでは皆様、4月18日に目黒雅叙園でお会い出来ますことを楽しみにしております。

内野席・外野席

内野席・外野席

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.