衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2012年4月2日 外野席「新しい中野へ!」中村延子

 厳しい寒さが続いた冬がようやく過ぎ、暖かみを帯びてくる日差しと飛び散っている花粉に春を体で感じる今日この頃。卒園・卒業の季節から、入園・入学の季節へ。高校、大学と海外へ行っていた私、そして民間企業もそれぞれの年度があるため、こんなにも「春」を感じるのは中学以来でしょうか。
 この春、新しい中野が始動しています。始まるまでは賛否で色々な議論があったそうですが、平成19年度から始まった中野駅周辺地区および旧警察大学校跡地の再開発は第1期整備を終えようとしています。2月には中野駅北口・中野通りの上に東西連絡通路の架設工事が行われ、駅ホームからはどんどん変わって行く中野駅前の光景を見ることが出来ます。初夏には新しい駅前広場も出来上がる予定です。旧警大跡地地区は「中野四季の都市(まち)」と呼び名も決まり、3月23日には区画道路が開通し4月1日にはちょうど四季の都市中央に位置する防災公園「中野四季の森公園」の開園式も行われました。再開発で建てられたオフィスビル・中野セントラルパークにはキリンホールディングスの本社が移転、さらに水の栗田工業も入ってくる予定です。また、中野四季の都市には平成25年度から、帝京平成大学、明治大学、早稲田大学の3校も校舎が建ちたくさんの留学生を含む多くの学生もやってくる予定です。今まではオフィス施設や商業施設が少ない住宅地でしたが、これからは昼人口が急激に増えます。区は中野を「国際的な文化都市」として発信していくとしています。ハードな面では、整備が着々と進んできていますが、これからは中野のシティセールスがとても重要になって来ます。2月の予算特別委員会でも役所側にも求めましたが、私たち議員もアピールに努めて行きたいと思います。
 ということで、中野区議会議員らしく、この場をお借りして少し中野のご紹介を。中野といえば、中野ブロードウェイを代表にオタクなイメージが強いのですが、もちろんそれだけではありません。中野サンプラザやなかのZEROホールは有名ですが、小劇場なども多い事からゆかりのある文化人や芸能人が多くいらっしゃいます。手塚代議士をはじめ事務所の先輩方が一様に愛読する浅田次郎氏も中野区にゆかりがあり、なんと私の小学校の先輩でもあります。また周恩来氏が東京に留学していた時は中野区に住んでいたそうです。実はあまり知られていないですが、つけ麺は中野出身のB級グルメ。そんなこともあり、青葉や野方ホープを筆頭にラーメン屋さんも区内には数多く存在しています。またサンモール商店街、ブロードウェイ商店街の一本東側に入ると、ついついはしご酒をしたくなるような、心躍る飲み屋街が広がっています。この他にも中野区内には美味しいお店がたくさんあり、区内のグルメを紹介するコンテスト「中野の逸品グランプリ」を2008年から始めており、今年も3月に投票によってグランプリが決まりました。
 東京でも桜が開花しました。この週末は満開になる予定です。手塚事務所のおひざ元・目黒川の桜もとても有名ですが、中野駅から哲学堂公園まで続く中野通りの桜並木は見事です。是非、お花見がてら新しい中野を見に、またグルメやお酒を楽しみに中野にいらしてください。心からお待ちしています。

内野席・外野席

内野席・外野席

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.