衆議院議員手塚よしおウェブサイト。立憲民主党 東京都第5区(目黒・世田谷)。都議1期、衆院4期、元内閣総理大臣補佐官。現在、議運筆頭理事、国対筆頭副委員長、都連幹事長など。

2019年1日15日 外野席「選挙イヤーの始まり」中村延子

 新年あけましておめでとうございます。
 2019年は4月に統一地方選挙、7月に参議院議員選挙、もしかすると解散総選挙も同時に行われるのではないかとの憶測もあり、まさしく選挙イヤー。かくいう私も春には中野区で改選を迎えます。議会内でも地域でも、次々と新人候補予定者のうわさが飛び交っており、各地で行われている新年会は統一地方選挙の話題で持ち切りです。親方が幹事長をつとめる立憲民主党東京都連は、100名を超える公認候補予定者を決定しており、親方のおひざ元でもある目黒、世田谷も多くの仲間が挑戦をします。ボトムアップの政治を実行するために足場固めをしていく体制を進めています。
 我が中野区では、昨年6月に立憲民主党が推薦をした酒井直人さんが現職を破り新区長に就任され、新しい区政が走り出しています。私たち立憲民主議員団が進めて来た政策も少しずつ形になってきています。一方で、議会は自民党と公明党で過半数を超える議員がいることから、中々簡単ではないのも現状です。区政を大きく前進させるチャンスは4月の統一地方選挙。4年前は5名だった公認候補予定者を2人増やして今のところ7名が挑戦をする予定と、私たち中野の立憲民主党も着実に土台を築くために邁進中です。
 私自身も3期目のチャレンジを迎えます。3回目にもなると慣れたものと思いきや、駅頭の調整、チラシや政党ポスターの作成、ポスターの裏貼り、ポスター貼りやチラシのポスティング、新年会への出席などの政治活動に加えて、公選はがきや本番ポスター作成など実質的な選挙の準備もあり、頭がパンクするほどやることはいっぱい。今回からは、公職選挙法の改正でチラシも配れるようになり、人の手配やチラシ作成も加わります。現職の区議会議員はここに議会準備や質問作成など「本業」もしっかりと取り組まなければいけません。4月14日の告示日まであと3か月。地に足をつけ、努力した人が最後に笑顔になれると信じて、引き続き頑張りたいと思います。
 2019年は、歴史的な年にもなります。天皇陛下が退位され、皇太子殿下が即位され、5月1日には元号が変わります。平成の終わりとともに新しい時代の幕開けが皆さんにとって素晴らしい年となることを祈っています。本年もどうぞよろしくお願い致します。

内野席・外野席

内野席・外野席

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 衆議院議員 手塚よしお All Rights Reserved.